活動報告

インバウンドマーケティング

奈良県立大学

奈良県立大学NPO概論で学生インタビューに対応

’19年6月末、 奈良県立大学での学習科目 NPO概論にて、学生さんのケーススタディ目的とのことで、当協会の事業説明と質疑に対応致しました。 基本的には、

1)NPOという組織形態ありきで事業をスタートするのではなく、”社会起業”(世の中を良くするためにビジネスモデルを考えて起業する)をするときに、そのビジネスモデル上、NPOである必要があるならそうするだけのことであるというお話をしました。

2)当協会の場合は、非営利を謳い、まずは地元奈良の方々に受け入れてもらって基盤を広げていく必要があるため、一般社団法人でスタートしています。しかし、本格的に新たな事業モデルを開発、拡大したり、人員拡大を行うのであれば、資金調達なども必要になり、NPOでの限界も来るだろうとも思っているとお話しました。

NPOについて学ぶという建前でのプレゼント質疑でしたが、協会の想いとしては、奈良での観光の課題の構造的理解もしていただき、その改善のために、当協会が実行している活動に賛同してもらえたらいいなという思いもあります。

良い機会を頂戴したと思っております。 この学生さんとの出会いにより、1名ですが、長期インターンで週末に当協会へ顔を出してくれていまして、積極的に観光分析のやり方などを学んでいただいております。

PAGE TOP